1. TOP
  2. 造作家具を知る!オシャレで収納にも便利なキッチンにするには?

造作家具を知る!オシャレで収納にも便利なキッチンにするには?

情報収集 この記事は約 15 分で読めます。

女性にとって、キッチンはもっともこだわりたいところではないでしょうか?
毎日使う場所ですから、収納たっぷりで使いやすく見た目にもオシャレ、毎日楽しく料理ができるような場所にしたいものですよね。

家を新築するときは、キッチンを自分好みにカスタマイズする絶好のチャンスです!
キッチンの配置や収納を考え始めると「スペースを最大限に有効に使いたい」「手持ちの家電が全てすっきりと収納できる棚が欲しい」「このスペースにピッタリおさまる家具が欲しい」というような要望があれこれ出てくるかと思います。
そういう場合に選択肢の一つとして検討してみたいのが、造作家具(造り付けの家具)です。

造作家具は自分のキッチンのサイズや使い勝手に合わせて造るので、市販の家具に比べてより希望に近い仕上がりが可能となります。
新築を考えていらっしゃる方にぜひ知っていただきたい造作家具について、ここで詳しく解説していきます。

Contents

造作家具のメリットとデメリットとは?

造作家具(ぞうさくかぐ)とは、家と一体化した造り付けの家具のことです。
大工さんが家づくりと同時進行で現場で作る場合と、家具工場や木工所で作った家具を取り付ける場合があります。

キッチンの家具を造作家具と市販の家具のどちらにするのか選ぶために、造作家具ならではのメリットとデメリットについて知っておきましょう。

【造作家具のメリット】

1.広さや間取りに合った寸法のものができる

市販の家具のようにスペースに合ったサイズのものを選ぶのではなく、スペースに合わせた家具を作るのが造作家具。
キッチンに合わせミリ単位で寸法を決めて制作するので、無駄なくスペースを有効利用することができます。
置きたい空間の幅や高さに合った既成家具を探すのは困難ですが、造作ならジャストサイズに作ることができますよ。

2.隣接した部屋と統一感のあるインテリアが可能

ダイニングやリビングと隣接したキッチンの場合、扉や棚板の素材や色をそろえることで、自ずと統一感のあるインテリア性の高い空間が実現します。
空間のイメージに合わせられるのは造作ならではのメリットです。

3.自分好みにカスタマイズできる

素材やカラー、サイズ、レイアウト、仕様など、希望に沿って制作することができるので満足度の高い仕上がりが望めます。
「食器が多いので食器棚のスペースを増やしたい」「背が低いので棚の位置を低めにしたい」「扉はつけずにオープンな収納棚にしたい」などの希望通りに制作してもらうことも可能です。
既製品ではなかなか見つからなかった、自分の暮らしに合わせたオンリーワンの家具になります。

4.耐震性が高い

市販の置くだけの家具と違い、しっかりと壁や床に固定して据え付けるため、地震のときに倒れることもなく安心して使用できます。
本棚や食器棚など重量があるものは造作家具にすると安全面でも安心です。

造作家具のデメリット

1.価格が高め

依頼主のオーダー通りに制作するこだわりの家具なので、市販の家具に比べるとどうしても高額になりがちです。
依頼先によって価格が違ってくることもありますし、仕様や素材によって価格も上下するので、最初に予算を決めて見積もりを出してもらうことがオーダーのコツです。
一般の既成家具と上手に組み合わせてみてもよいでしょう。

2.設置後の移設・変更・撤去が大変

新築から10年、20年と経つうちに、家族構成や生活様式が変わってしまうことってありますよね。
それにともなって、家具の使い勝手も今の生活には合わないということも出てくる場合があります。
そんなとき置き家具であれば手軽に買い替えるということもできますが、壁や床面にしっかりと固定して設置されている造作家具は簡単に取り外したり、入れ替えたりということができません。
そのため、造作家具をオーダーするときには現在の条件に合わせるだけでなく、将来に目を向けてみることも必要です。
造作家具そのものを動かせなくても、棚板の幅や高さを変えられるようにしておくとよいでしょう。
また、移動ができないので部屋の模様替えをするのも難しいですよね。
そんな時には思い切って造作家具の扉に壁紙を貼ったり、オープン棚なら扉を新たに取り付けたりしてみると、お部屋の模様替えがうまくいくかもしれません。

3.出来上がりの状態がわかりにくい

造作家具は完成品を選ぶわけではないので、出来上がったもののイメージがつかみにくいというデメリットがあります。
出来上がってみたら想像していたのと全然違っていたということがないように、素材はサンプルを見て決めるようにして、打ち合わせを入念にするようにしましょう。

「大工工事」と「家具工事」のどちらを選んだらいいの?

造作家具は大工さんによる「大工工事」と家具屋さん(家具大工さん)による「家具工事」に分けられます。
同じ造作家具を作るにしても、大工工事と家具工事ではそれぞれ特徴があり、それによって作り方や仕上がりが違ってくるので、2つの特徴や違いをよく理解しておくことが大切です。

大工工事

大工さんが現場で家具を作ることを大工工事と言い、次のようなメリットがあります。

  • 現場で直接作るため、無駄な隙間のないピッタリのサイズで作ることができる。
  • 現場で塗装するので、家具以外の部分との色調を合わせることができる。
  • 建物の一部として溶け込むような一体感のある仕上がりが実現する。
  • 家具工事のような搬入費・据え付け費が必要ないので、比較的ローコストで制作できる。

それでは、大工工事のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 現場での作業であることから設備や環境が限られており、複雑な加工や細工が必要な家具には不向き。
  • 大工さんの技量に左右される。
  • 家具大工による家具に比べると精度が低い。

家具工事

家具大工が設備の整った工場で作ったものを現場で据え付けすることを家具工事と言い、メリットには次のようなものがあげられます。

  • 機械や設備が整った工場で制作するので細部まで作りこむことが可能となり、複雑な加工や細工が必要な家具にも対応できる。
  • 大工工事に比べると機械による制作のため、精度の高い高品質な家具に仕上がる。
  • 建築工事と同時並行で工場で作るので、工期短縮につながる。
  • 使用する材料が豊富なため、豊富な選択肢の中から選んでオーダーすることができる。

それでは家具工事のデメリットは?

  • 搬入・据え付けに別途費用がかかる、材料によって価格が高いものもある、複雑な加工や細工はコストがかかる、などの理由によって大工工事に比べるとどうしても価格が高くなる。
  • 実際の寸法より少し小さめに作るため、現場で誤差を調整するとは言え、大工工事のように隙間なく目いっぱいの寸法で作ることができない。
  • 家具以外の部分の色調と微妙にずれが生じることがある。

大工工事と家事工事のどちらにするとよいのかは、作るものの形状や仕上がり、予算などによっても違ってきます。
家具工事より大工工事の方が工事単価は、コストは安いと言われていますので、シンプルなデザインで構造が単純な造作工事なのであれば、大工工事にした方がコストダウンになるとことが多いでしょう。しかし特殊な仕上げを要求すると大工工事ではかえって高くつく場合もありますので、そのあたりのバランスをしっかり考える必要があります。
希望する家具の概要を決めたら、まずは見積もりを出してもらい、その上で比較検討するとよいでしょう。

造作家具を少しでも安くする方法

造作家具に興味があるけど、少しでも安くならないかしら?
そんな場合は〝見せる収納〟にするとコストが大幅に違ってきますよ。
見せる収納と言うのは、例えば収納されるものを扉のないオープン棚にすることです。

見せる収納ですと中身が見えてごちゃついてしまう可能性がありますよね。

最近多くの人が方法は、雑貨店などで籠やボックスを買って納めるという方法です。
細かいものも整理ができ、色や素材などを統一すれば見た目もきれいでもあり、部屋のコーディネートにもなります。

また、コストを減らすなら集中収納がおすすめです。

部屋ごとに収納をつくるとスペースもたくさん必要となり扉も必要となるので、ウォークインクローゼットのようにできるだけ収納を1部屋に集中されるほうがコストの節約にもつながります。ウォークインクローゼットのようにパイプ設置や棚の取り付けなた大工工事ですることも可能なので、お値段が抑えられますよ。その造作した棚に市販の収納ケースなどを使用すれば、すっきりと納める事もできます。

キッチンの造作家具をオーダーする際に注意したいポイント

キッチンの造作家具には次のようなものがあります。

  • 背面収納棚
  • 食器棚
  • キッチンカウンター
  • カウンター下収納
  • 食品収納庫
  • 吊戸棚
  • レンジ台
  • すき間収納棚
  • キッチンボード

造作家具は価格も高いですし、一度取り付けると取り外しが難しいので、後悔しないためにもオーダー前にチェックしておきたいポイントをあげてみたいと思います。

1.希望や要望を書きだす

漠然と収納できる棚が欲しいと考えているだけではなく、細かな部分まで希望を書き出してみましょう。
この作業は、キッチンの使用頻度が一番高い人がメインとなって行います。

「収納棚の扉は引き戸にしたい」「キッチン家電を使わないときは隠したい」「棚板は可動式がいい」「引き出し式の作業台が欲しい」「ゴミ箱はキャスター付きの収納にしたい」
このような希望を書きだしたら、その中で絶対に譲れない項目と、妥協できる項目とに分けてみましょう。
見積もりを出してもらったところ予算内におさまりそうもないという場合、どの部分を削っていくかを考えるのに役立ちます。

2.見せる収納にするか、隠す収納にするか

ダイニングルームやリビングからキッチンが見える間取りの場合、どちらの収納方法を選ぶかによって後々の収納や片付けの手間が違ってきます。
基本的に隠す収納にした方がすっきり見えますし、お客様が来たようなときもあわてて片づけをしなくても、さっと収納してしまえば済むので楽です。
どうしても見せたい食器やキッチン用品があるなら、部分的に見せる収納にして、他のものは隠す収納にしておくとよいでしょう。

3.動線を考える

キッチンは動きやすさ、作業のしやすさを優先して考えることが大切です。
使用頻度の高いものは取り出しやすい場所に収納する、食器を洗ったあと片づけやすい場所に食器棚を置く、作業台のそばにゴミ箱の収納場所を作るなど、動線を考えると使いやすいキッチンになります。

4.収納物リストを作る

キッチン用品や、キッチン家電、食器、食品等、キッチンで使うものは意外と多いものですよね。
家電など大きなものは寸法を測り、収納棚のどの部分にしまうのかを考えておくと、収納棚の大きさや寸法、扉の形状、棚板の数など具体的に考えやすくなります。

5.依頼先を選ぶときは価格以外の点もチェックする

家具屋や木工所に依頼する場合、見積もりを出してもらって検討することになるかと思いますが、その際価格以外でチェックしておきたい点がいくつかあります。
・搬入費や取り付け工事費込みの価格となっているか
・後に故障や不具合があったときのアフターケアに対応しているか
・納期は希望に合っているか
・オーダーする家具がその家具屋や木工所の得意分野であるかどうか(施工例もしっかりチェックしておきましょう。)

造作家具は市販の家具に比べるとたしかに価格は高くなりますが、自分の使い勝手やキッチンの寸法にピッタリの家具ができる点が魅力的ですよね。
家全体で統一感のあるインテリアと使いやすいキッチンが実現すること、長く使えることを考えると、決して高い買い物ではないのかもしれません。
依頼先によっては価格を抑えることもできるので、調べてよさそうなところがあったら見積もりをしてもらい検討するといいでしょう。

造作家具は現物を見て選べるわけではないので、打ち合わせに時間をかけてくれる、どんな疑問点にもきちんと答えてくれる、アフターフォローがしっかりしているというような点も考慮して、信頼できるところを見つけてくださいね。

キッチンの背面収納 造作ポイント

キッチンの造作家具で1番多く作成されるものはなんだと思いますか?

それは背面収納です。

背面収納って何?という方に簡単に説明すると
キッチンの後ろ側の壁面の収納スペースのことです。
最近では、戸建てでもマンションでも対面キッチンが人気ですが、
特にこの対面キッチンは背面収納の工夫の仕方次第でキッチンの使いやすさが大きく変わるでしょう。
また、対面キッチンの場合リビング側からよく見えるのは、キッチン扉ではなく背面収納なんですよね。
インテリアにも使いやすさでもこだわっていきたいですよね。

では、使いやすく素敵なキッチン背面収納をつくるためには
どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか?

1.実は、あまり奥行きがないほうがいい

収納はたっぷりあったほうがいいから、奥行きも広めで!
そう考えてしまう方も多いのですが、キッチンの背面収納では実はあまりお勧めしません。
なぜなら毎日使用するお皿やコップなど比較的使用頻度の高いものをしまうことが多いので、収納が何列にもなるほどの奥行きは取り出しにくいし、怪我の元にもなるのでないほうがいいのです。
とくに食器をしまう場合などは、大皿がしまえるくらいの奥行きがあれば十分です。
造作ではない食器棚もそこまで奥行きがあるものはありませんよね?
逆に造作なら奥行きがあるものを作成するのも可能ですが、使い方は考えましょう。

2.身長を考えて出し入れしやすくする

収納スペースは、実際に使うときの動作をイメージして考えましょう。
せっかくの造作ですので、キッチンに主に立つ人の身長に合わせて高さなども設定しましょう。
特にカウンターも作成する場合は高さは重要です。
奥行きだけではなく、引き出しトレーや小分けのカゴなどの必要可否についても検討しておきましょう。
カウンターを作成する場合は、忘れがちなコンセントの位置なども確認しておきましょう。

3.棚の高さを固定しないようにする

背面収納に何をしまおうか、ある程度は考えておいたほうがいいですが
長年使うことになるでしょうこの背面収納、家族環境によってしまうものも変わってくる可能性があるので
臨機応変に対応できるよう、棚は可動式にしましょう。
そうすれば、食器から保存食材、調理家電など様々なものを背面収納にしまうことができます。
食器の場合は高さを低く、調理家電には高めにな、高さを自由に変えられる方が、無駄なくたくさん収納できます。

4.スペースがなければ扉は引き戸がオススメ

キッチンの壁面収納に扉を付ける場合には、扉選びも慎重に行いましょう。
狭いキッチンでは、観音開きの扉では全開にできなかったり、体をひねらないと開閉できなかったり扉によって使いにくくなる可能性があります。
おすすめは、扉を開けるときのスペースが不要な引き戸タイプです。
スペースに余裕がある場合には、フルオープンにして収納しているものを全体的に見渡せるので折れ戸タイプにしても良いでしょう。
キッチンは油煙によるベタつく汚れが付着しやすいので、できるだけ扉を付けることが望ましいです。
特に引き戸タイプやシャッタータイプは、作業時に開けっ放しにしていても邪魔にならないのでオススメですよ。

5.費用を抑えるならオープンタイプ

背面収納には扉付きがオススメ、という話をしましたが、
キッチンの背面収納を造作する際、費用を安く済ませたい時には扉がないオープンタイプがおすすめです。
なぜなら扉材の分の価格を抑えられるからです。
見せる収納が好きでまめに掃除ができる人、または油汚れが気にならない方や、オープンでもカーテンで対策できるという方、炊飯器やトースターを置ければ充分という方には、扉がない収納の方がコストダウンできますよ。

6.オープンタイプでも隠せる工夫をしよう

対面型キッチンの背面収納はリビングやダイニングから丸見えになってしまいます。
でも、お客様が来た時や片付いていない時など、隠したい時もありますよね。
そんな時のためにも、オープンタイプの収納の場合はカーテンで隠せるようにしておくのがおすすめです。
見せる収納が好きという人は隠す必要ないですよね。
壁面収納は扉があってもなくてもセンスが問われます。

7.家電が多いならカウンターで置き場を確保する

よく使う家電などが多い場合は、背面収納の一部をカウンターにすると便利です。
ホコリや油・水はね汚れから守りたい食器や調理用品は、引き出しや扉のある場所に片付けるなどして、上手に使い分けましょう。

8.背面収納の色にもこだわろう

高さに問題がなく、天井まで届くサイズのものを造作する場合は、存在感が大きく、雰囲気を左右します、
周囲のインテリアと色を揃えるか清潔な色で、圧迫感が出ないように気をつけましょう。

隠す収納?見せる収納?背面収納を造作した人の口コミ

収納を隠すか、見せるかは誰もが悩みどころだと思います。
キッチンの背面収納を造作した人たちはどういった収納にしたか
実際に使ってみた使用感などの口コミをピックアップしてみました。

 
・私は扉で全て隠しました。
見た目には本当に満足しています。
全部閉めたら生活感はなくなります。
でも、閉めたら家事が出来ないんですよね(苦笑
ご飯を作る時にいちいち閉めるのが面倒。
でも、インテリアというか見た目重視でいきたかったので、私はとても満足です。

・キッチン背面収納は、建てるときめた最初の頃から「隠す収納」と心に決めていました。
使い勝手ですが、料理中と炊飯中はどうしても扉をあけておくのでごちゃごちゃ感がありますが、来客時や夜にリビングでくつろぐときは締め切るとすっきりなので、とても満足しています。

・見せる、出しておく収納半々にしました。
そのうち、隠す収納は、ごみコーナー兼パントリーの造作収納90cmをロールスクリーンで隠しています。(ごみ箱やその他、ごみグッズ、レシピ本、説明書関係などごちゃごちゃしているので、ここは隠すようにして、ロールスクリーンだと開閉楽です。)
また、キッチンメーカーの天井までの扉がある食器棚90cm、です。(食器のほこり対策で、扉ありに)
オープンな収納は、キッチンメーカーの4段引出し収納90cmを2個並べ、上には家電を置いています。ホームベーカリー、コーヒーメーカー、炊飯器、レンジ、など。置いてあるのは、家電だけです。オープンにしていますが、家電など部屋のインテリアの色にあわせたりしているので、特に気にならないですね。

 
こだわるポイントや見せる、隠す収納はその人の生活スタイルや好みによって様々。
こういった口コミなどの体験談を参考にして、自分の満足のいく背面収納を造作しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの相談窓口で郡山市でマイホームを作る方法を郡中が紹介しますの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの相談窓口で郡山市でマイホームを作る方法を郡中が紹介しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • キッチン・ダイニングは間取りの工夫で家族のいこいの場に!I字型キッチン間取りなどいろいろ

  • 階段の位置とデザインが住みやすい間取りのポイント。特にどうなの?リビングイン階段って

  • NO IMAGE

    家づくりの情報収集は本とインターネットどっちがいい?

  • NO IMAGE

    折り込みチラシは身近な情報が手に入るけど、ほんとに大丈夫?

  • 生活しやすい間取りを「動線・音・ニオイ」から考える!新築でも洗濯のときを考える意味は?

  • NO IMAGE

    会社の口コミ評判はライバルが書き込んでいる場合も!?