1. TOP
  2. 土地選び
  3. 土地の情報収集ってどうやるの?どこに住むのかを決める方法

土地の情報収集ってどうやるの?どこに住むのかを決める方法

土地選び この記事は約 2 分で読めます。

土地の情報収集していますか?家づくりの勉強。家づくりをするパートナー探し。それと同時に土地探しも重要です。家についての勉強、家づくりを一緒にするパートナー探しの情報と同時に、忘れてはいけないのが土地の情報を得ること。どんな家に住むかということと同時に、どこに住むかは重要なポイントになります。

土地の情報収集の方法は?

①新聞の折り込みや広告を見る
住宅会社情報と同様、土地に関しても折り込みチラシは重要な情報源です。自分の探す条件と会っていなくても、土地の相場がつかめます。インターネットで情報を集めることも可能です。

②周りの人から情報を
不動産屋、友だち、過去に家を建てた人などに土地を探していることを伝えておけば、参考になる情報が得られることもあります。

③家づくりを頼む住宅会社に相談する
住宅ローンのことや家づくりのプランと併せて土地探しを進めたほうがいいです。良い住宅会社には、良い土地情報も集まっていることでしょう。住宅会社に相談してみましょう。

④自らの足で情報を得る
歩き回って、家を建てるのに良さそうな空き地を見つけたらすぐにチェックします。もちろん車で広範囲に見て回るのも。初歩的な手段ですが、じつは業者もまずはこれをやっています。不動産屋や管理会社の看板が出ていたらすぐに電話を入れます。たとえすでに売れてしまっていても、参考になる情報がえられることでしょう。

家づくりの勉強も重要。家づくりを頼む住宅会社選びも重要。そして土地探しも重要です。同時進行でやるのは大変かもしれませんが、少しずつでも情報を集めていけるとよいでしょう。その土地でずっと暮らしていくことを考えたらもっとも重要なことかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

おうちの相談窓口で郡山市でマイホームを作る方法を郡中が紹介しますの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おうちの相談窓口で郡山市でマイホームを作る方法を郡中が紹介しますの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 家を建てる前に地盤調査を!自分でもできる地盤のセルフチェックも。

  • 農地に新居を建てるのは大変?農地転用の場合の手間や負担を考える。

  • 台風の時に一度浸水をしている土地に家を建てるのは危険?

  • 地震に耐える家のポイントって?軟弱な地盤でも地盤補強が肝

  • 耐震設備のコストってどのくらい?耐震等級はいくつなのか調べておくべき。

  • 耐震・制震・免震は何が違うの?建物の規模に合わせた地震対策。